施工実績 施工実績

吹田市 T様 外壁塗装工事 カテゴリー1

案件名

外壁塗装工事

種別

リフォーム

ポイント

吹田市 T様 外壁塗装工事を行いました。

日頃から雨風・紫外線・砂埃にさらされている外壁には、お住まいでもっとも大きな負担がかかります。
そのため、お住まいを保護している塗膜が機能しなくなると、外壁の劣化するスピードが速くなり壁からの雨漏りや、腐敗を起こしてしまう原因になります。

そうならないためにも、ご自宅の外壁にひび割れや塗膜の剥がれ、カビなどがないか確認することが大切です。
もしそのような劣化症状を発見されましたら、すぐに株式会社良幸ホームまでご連絡ください。
お住まいの状況に合わせた最適な塗り替えで、外壁の耐久性を高め、長期的なリフォーム費用のコスト削減を図ります。

■ 外壁塗装の耐久性が無くなると…
【 防水効果の低下 】
塗装の役割は、塗膜で外壁を保護し、雨や紫外線に直接さらされないようにするためです。
塗膜の劣化が進んでしまうと、雨などの水分や湿気の浸入を簡単に許してしまいます。

【 ひび割れが起きる 】
コーキングと呼ばれる目地材の劣化が進み、痩せてくると、外壁がひび割れしやすくなります。
これは気温・湿度によって外壁材が収縮したり、膨張したりする時にできる“ズレ”を、目地部分が緩和しているため。
自然現象による負荷に耐えられなくなると、外壁は反り始め、徐々にひび割れは拡大していきます。

【 構造内部の劣化 】
劣化が進み外壁にひび割れが生じてくると、隙間から水分が浸入し始め、外壁内部・木材部分で腐食が起こります。
その状況を放っておくと、雨漏りや湿気を含んだ木が好きな、シロアリを呼び寄せてしまう原因にもなりますので、注意が必要です。

お住まい周辺の環境や、使用する塗料にもよりますが、外壁塗装を行う目安は、約10年前後といわれています。
ひび割れや雨漏りなどの症状が生じてしまってからでは、かなり外壁の劣化が進んでいる状態ですので、その分費用も高額になることもあります。
コストを抑えるためにも、定期的に外壁の点検を行うことが大切です。